心理学用語

フォーカシング・イリュージョン

フォーカシング・イリュージョンとは、何かの判断を行うときに、自分が注目する要因の持つ影響力を実際以上に重要視する傾向のことである。ノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマンによって提唱された認知バイアスのひとつである。

フォーカシング・イリュージョンの典型的な例としては、収入と幸福感の関係が挙げられる。多くの人は、収入が高くなれば幸せになれると信じている。しかし、実際には、ある程度の収入を稼ぐことができれば、それ以上の収入の増加は幸福感に大きな影響を与えないという研究結果がある。

フォーカシング・イリュージョンは、私たちの判断や行動に影響を及ぼす可能性がある。例えば、フォーカシング・イリュージョンに陥ると、自分の人生を過大評価したり、過小評価したりしてしまうことがある。また、フォーカシング・イリュージョンに陥ると、自分の人生に大きな影響を与えない要因を過度に重要視してしまうことがある。

フォーカシング・イリュージョンを避けるためには、自分の判断や行動を客観的に見つめることが重要である。また、自分の人生をより広い視野で捉え、様々な要因を考慮することも重要である。

以下に、フォーカシング・イリュージョンを避けるための具体的な方法をいくつか挙げる。

* 自分の判断や行動を客観的に見つめるためには、第三者の意見やアドバイスをもらうのもよい。

* 自分の人生をより広い視野で捉えるためには、他人の人生や、自分の人生の様々な側面を見つめることもよい。

* 様々な要因を考慮するためには、自分の価値観や目標を明確にすることも重要である。

フォーカシング・イリュージョンは、私たちの判断や行動に影響を及ぼす可能性があるため、意識的に避けることが大切である。

参考URL:

フォーカシング・イリュージョン | 意思決定・信念に関する認知バイアス | 錯思コレクション100


Copyright(C) 2012 心理学用語で探検する心の世界 All Rights Reserved.