心理学用語

擬人化

擬人化とは、人間以外のモノや事象に人間と同じような感情や行動を当てはめることです。

擬人化の歴史は古く、古代ギリシャやローマの神話や寓話に登場し、日本でも古くから絵画や文学、民話などで用いられてきました。

擬人化には、人間の視点からモノや事象を捉え、その理解を深めようとする目的があります。また、モノや事象に人間と同じような感情や行動を当てはめることで、親しみやすさや面白さを演出することもできます。

擬人化の具体的な例としては、以下が挙げられます。

* 動物や植物に人間と同じような感情や行動を当てはめる

* 物に人間と同じような感情や行動を当てはめる

* 自然現象に人間と同じような感情や行動を当てはめる

動物や植物に擬人化を施す例としては、以下が挙げられます。

* 犬や猫が人間のように話をする

* 木や花が人間のように感情を表現する

物に擬人化を施す例としては、以下が挙げられます。

* 自動車が人間のように感情を持つ

* 家具が人間のように生活する

自然現象に擬人化を施す例としては、以下が挙げられます。

* 雨が涙のように降る

* 風が歌う

擬人化は、文学や芸術、広告など、さまざまな分野で用いられています。文学では、児童文学やファンタジー小説などでよく用いられます。芸術では、絵画や彫刻、アニメーションなどで用いられます。広告では、商品やサービスをより魅力的に見せるために用いられます。

擬人化は、モノや事象をより身近に感じさせ、興味や関心を喚起させる効果があります。

参考URL:

擬人化 - Wikipedia


Copyright(C) 2012 心理学用語で探検する心の世界 All Rights Reserved.